弁護士と司法書士の違い【個人再生委員の選任の有無が異なる】

多額の借金にお困りなら

天秤

借金を減らして生活する

個人再生という言葉をご存知でしょうか。例えば会社が倒産した時に、「〇〇社が民事再生法を申請」という言葉をニュースなどで聞いた事があると思います。倒産=会社が潰れるというイメージがありますが、その後もその会社は存続していて、中にはまた盛り返してくるというケースもありますよね。個人再生はいわゆるその個人版。借金で首が回らなくなったものの、自己破産ではなく個人再生をする事で、職も住居も失わず普通の生活を継続する方法があります。具体的にどうするかと言うと、弁護士を通して借金を減額してもらいます。ポイントは、借金が全くなくなる訳ではなく返済額を予定より減らすという点です。チャラにはならなくとも、多額の借金を抱える人にとっては減額は大きなメリットになるのではないでしょうか。ただし弁護士に頼む以上その委託費用は発生しますので、少額の借金であれば、あまりメリットはないかもしれません。弁護士への費用を考慮しても減額で大いに助かるという場合は、自己破産や任意整理よりもこの個人再生の方がいい場合があります。実は我々消費者の知らない所で、うまい口車に乗せられて不必要に負債を抱えているケース、いわゆる多重債務という場合も中にはあります。弁護士は法律のプロですので、法に則ってその不必要な過払いをなくし、最低限のレベルまで返済額を引き下げる事が可能です。もちろんデメリットはありますが、多額の借金に苦しみ生活もままならない、借り入れを繰り返すばかりでなかなか借金が減らず困っている人は、検討してみる価値はあると思います。