弁護士と司法書士の違い【個人再生委員の選任の有無が異なる】

住宅を手放さずに債務整理

弁護士

取り立てに悩んでいるなら

日本では借金で苦しんでいる場合に債務整理という制度を利用することが出来るようになっています。自己破産は特に広く知られている債務整理の方法であり、デメリットはあるものの借金を帳消しに出来るというメリットがあります。債務は減らしたいけれど住宅は手放したくないという時に利用すると便利な債務整理が個人再生です。個人再生は任意整理と自己破産の中間のような制度とも言われており、裁判所に再生計画を提出することで債務を減額することが出来るようになっています。全ての資産を手放すことになってしまう自己破産とは違い、住宅までは手放さずに済むので利用しやすい制度でもあります。そんな借金に苦しんでいる人にとってありがたい個人再生ですが、通常は自分で手続きを行うのではなく弁護士に依頼して手続きを行うことになります。個人再生は必ずしも特別な資格を持っていないと手続きが出来ないというわけではないので個人で手続きを行うことも可能です。しかし、それには書類を用意するための知識や時間が必要となります。また、裁判所や債権者との交渉も自分で行わないといけないのであまり現実的ではありません。弁護士に依頼することで費用はかかってしまいますが、こういった手間と時間を大幅に節約することが出来るメリットがあるのです。また、弁護士に依頼することですぐに貸金業者からの取り立てが止まるというメリットがあります。個人再生の手続きを行う場合には取り立てで苦しんでいることが多く、弁護士に手続きを依頼する場合には大きなメリットであると考えられます。